日曜日連載@はまストップ#13 「Yuと野毛山動物園デートなうに使っていいよ」

こんにちは、フミヤです。

前回Yuが更新した「野毛山動物園デート」の記事、いかがでしたか?

無料なのにこんなに楽しめるスポット、野毛山動物園くらいでトレーナーカップルじゃなくても盛り上がること間違いじゃないでしょうか!

ぼくたちもRWG News編集部も、ロケ当日は仕事だということを忘れて思いっきりはしゃぎました。

あやうく写真撮ったりするのを忘れるくらいはじけました。

いや、カメラ小僧なのでひたすら写真ばかり撮ってました。

何から何まで写真撮ってました。

野毛山動物園はもちろん動物がメインですが、園内は緑豊かで写真を撮るのにもぴったりのエリアです。

カップルでデートした時、思い出や記念として残したいし、そのために写真を撮りたくなりますよね。

今日は表情豊かなYuと一緒に、野毛山動物園のフォトスポットを3箇所を紹介します!

撮影環境

撮影に使った機材

iPhone Xs(Appleが出したiPhoneで撮影しました)

撮影に使ったアプリ

こちらが自分のiPhoneに入っているカメラアプリの一覧です。

それぞれの使い分けはこんな感じ。

・純正のカメラ

→とりあえず写真撮りたい時

Microsoft Pix

→打ち合わせの時、テキストだけを抽出したい時、シャッター音を出したくない時など主に仕事用。

Foodie

→食べ物の写真を撮る時…って思ったけど、最近はとりあえずこのカメラで撮ればいい感じに撮ることができることを覚えてメインになりつつある

Focos

→バチイケなポートレート写真を撮りたい時。撮影後でも、どの部分にフォーカスを合わせるのか決められるのがバチイケ写真を撮影できるポイント

・Boomelang

→おもりろい写真撮りたい時。あんまり使わない。

・FilMiC Pro

→プロのカメラマンさんに教えてもらったけどもてあましているけど本当はどうやらすごいムービー用カメラ(らしい)。

こんな感じです。

それで今回使ったのかこの中の純正カメラとFocosの2つになります。

フォトスポットその① 道中にある広場

野毛山動物園の入り口は坂の途中にあり、この入り口から山を登って動物園を目指す形になります。

 

この入り口的な中を進んでいくと広場があります。

そこにはよくある水飲み場があるので、青春の1ページみたいな写真を撮ることができます。

ランドマークタワーを背景に撮ることができるので、さりげなくみなとみらいデート感を演出できます!

イメージ的には、カルピスのCM狙えるくらいさわやかな先輩っていう感じを出したかったのですが、水を飲みながら写真を撮るのはめちゃくちゃ難しかったので、この感じで落ち着きました。

カルピス先輩ショットがいい感じに撮れるように出直してきます!

 

ちなみにですが実際に撮ってる時はこんな感じで撮っています。

めちゃくちゃ真剣ですね、いい感じに撮ることができるアングルを探していると、ついつい夢中になってこんな感じになります。

 

フォトスポットその② 園内にある池の近くのベンチ

園内を進んでいくと、中で唯一の喫煙所がある池にたどり着きます。

この近辺ではご覧の通り鴨がリラックスしていたり、水辺に住む動物のオアシスのようになっています。

この近辺はベンチもある休憩エリアで、背景も緑豊かなので、かなりいい感じの写真を撮ることができます。

CDデビューしそうな雰囲気ですね。

もし自分が彼女だったら、きゅんきゅんしちゃいそうです。

ちょっと物憂げな表情がきゅんきゅんポイント高めです。

ぼーっとみていたらバレました。

何気ない表情がいいですね。とてもいいです◎

写真NG出るかと思いきや意外とノリノリです。

自分からポーズをきめてくれるようになりました。

声優さん関連の何かでこういう写真をよく見るような気がします。

そして最終的にはこうなりました。

かわいい。

あざといけどかわいい。

これらの背景ボケ写真は全て最初に紹介したFocosというアプリで撮影していて、このアプリなら最初にお伝えしたように、フォーカスする位置を撮影後に変更することができます。

なのでこんな風に背景にくっきりさせて、Yuをぼかすこともできます。

しかもですよ?

これらの操作がとても簡単にできます!

Focosで写真を撮ったらFocos内で編集したい写真をタップし、ピントを合わせたい部分をタップします。

ピントを合わせたい部分をタップしたら、あとはボケ具合を調整し保存をタップするだけ!

以前、GOsnapshotの撮り方の記事について更新した時に、背景を意識しましょう的なことを書いたのはまさにこのためです。

背景を意識すると、ポートレートモードで写真を撮った時に、いい感じになりやすいので、意識的に背景を写すように撮ることをおすすめします。

あと、背景にいろいろ写っていた方が、写真をみた時にその時の事を思い出しやすくなるのでおすすめです。

おすすめフォトスポットその③ しろくまがいた檻

野毛山動物園には、しろくまがいた檻的なコーナーがあります。

実際に飼育に使われていた檻が解放されていて、中にはしろくまが飼育されていた様子が再現されていて、現在はしろくまはいません。

このエリアはかなり撮影ハードルが高いかもしれませんが、Yuと一緒ならめちゃくちゃ楽しませてくれます。

唐突にしろくまとじゃれ始めました。

どっちともかわいいです。

だんだんしろくまと仲良くなってきたのでしょうか。

Yuの表情が柔らかくなってきました。

お互い心を開き始めている証拠です。

じゃれあった2人?2匹?は本物の兄弟?親子?のようになりました。

めちゃくちゃ楽しそうです。

でも、ここでこんな風に写真撮るのめちゃくちゃハードル高いっすよね。

これはYuだからこそなせる技です。

Yuとでなければこのようなデートはできないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

iPhoneさえあればそれなりにいい感じに写真を撮ることができるので、みなさんもぜひ試してみてくださいね!

ちなみにぼくらが大はしゃぎの時にYURIEさんはどうしているかというと…

完全に呆れられていたのか相手してくれませんでした!

寂しいです!

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

フミヤ

フミヤ (ふみや、1990年03月19日 - )は日本のライターである。2018年6月からポケモンGOを始めたくらいスマホゲームは超超超ライトユーザーであったが、今では毎日7km歩くほどプレイしている。「ゲットするまで諦めない」がモットーの変なおじさん