新しいリアルワールドゲームが発表された!RWG×スポーツに期待が高まる!?

どーもーYuです!

みなさんお久しぶりです!

最近、外で仕事することが多く記事を書けなかったんですよ…

でも、移動中の電車内でTwitterを見ていたら、こんな記事を見つけました!

みなさんこちらのニュース、知ってました?

そうなんです、新しいリアルワールドゲームについての記事がツイートされていました。

しかもリアルワールドゲーム×スポーツという、今までなかった組み合わせのゲームです。

新しいリアルワールドゲームの名は『TSUBASA+』(ツバプラ)

タイトルは『TSUBASA+』です。

名前の通り、キャプテン翼のキャラクターが登場します。

またそれに加え実在するスター選手も登場するかもしれないんです!

漫画キャラのスターと実在するスター選手が戦うってすごいわくわくしますよね!

さらにニュースリリースでも情報が解禁されました。

内容は世界中にあるスタジアムやグラウンド、様々なスポットに出現する

『キャプテン翼』に登場するキャラクターや

世界で活躍する実在する選手を仲間にしていくというものです!

RWGが盛り上がってまいりましたね!

NianticからはじまったRWG、少しおさらいしてみましょう!

 

RWGの歩み

リアルワールドゲームといえばNianticがリリースした『Ingress』や『ポケモンGO』がいわゆる第一世代と言えます。

この2つのゲームがリリースされたことによって、リアルワールドゲームというジャンルが確立されましたね

その後、『テクテクテクテク』(現在はサービス終了)や

妖怪ウォッチW』、『TWD OurWorld』などのゲームが第二世代としてリリースされました。

あとRWG news編集部のYURIEさんの好きな『Jurassic World Alive!』も第二世代ですね。

第二世代は一言でいうと試行錯誤の時代でしょうか。

歩いた距離をマイレージとしてためられる機能、タップ可能な範囲を広げられるアイテムなど、

リアルワールドゲームのタブーとも言える”歩かなくても良い”的な要素が取り入れたゲームも数多くリリースされました。

また、もう一つの特徴として、この世代のリアルワールドゲームは、IngressやポケモンGOと違ってGoogleマップを利用しているため、

マップのクオリティが非常に高いことがあげられます。

それにより現実世界とゲームの世界の親和性が高くなったともいえるでしょう。

そんな中、ドラゴンクエストウォーク』『ハリーポッター魔法同盟

そして『TSUBASA+』という新しい風が、

今までの流れを昇華した第三世代がこれから生まれようとしているわけです。

令和が始まり、リアルワールドゲームに群雄割拠の時代が訪れようとしていますね!

また従来のリアルワールドゲームは「モンスター」や「ゾンビ」、「妖怪」などが登場しましたが

Harry PotterやTSUBASA+は「人」ドラゴンクエストウォークはゲーム内のマップ上に建物を建てられたり、第三世代は「リアリティの追求」が大きなテーマになります。

現実世界の中に非現実世界のものをもってきて、ゲームで遊ぶ人をいかに納得させられるか、非現実のものを現実世界にいかになじませられるか、このあたりがAR技術の進化とともにフォーカスされるようになりました。

この矛盾しているように感じられる要素が、今やトレンドになりつつあるのです。

そんな時代に登場したニューフェイスの『TSUBASA+』、早くもSNSでは話題になっています。

SNSの声

既に楽しみにしている方や興味を持っている方も多いですね。

他にも様々な声が上がっています。やはりリアルワールドゲームへの関心は高いようです。

スポーツを題材にしたリアルワールドゲームという意味でも期待は高まりますね。

まとめ

みなさん、最近リアルワールドゲームの新しいリリース情報が流れてきてとても楽しみになってきましたね。

『TSUBASA+』大いに期待したいですね、ポケGO的な言い方をすると『ツバプラ』?ですかね!

TSUBASA+公式サイト

上記が公式サイトになりますので、ぜひ見てみてください。

今後の情報を楽しみに待ちましょう!

それでは、ほな!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)